ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、手織りを再開しました。 ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力に縄文も加わりました。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「紙布織り」の個展を見て

織りの古い友人Oさんが開いた「紙布織り」の個展を見てきました
(5/4-9 仙台メディアテーク)

「紙布 しふ 」 とは、紙から糸を作って織った布のこと

Oさんは9年前に、彼女の織りの集大成となる個展を開催していましたが
京都まで行って習ってきた「紙布織り」だけは
「こんな手間のかかる織物はやりたくない」と避けていたのだそうです
しかし彼女の妥協を許さない織りへの志は高く
その後8年懸けて一途に、紙布織りに挑み続けてきていたのです

会場では、和紙から糸にするまでの経緯も展示してあり
実演を交えながら、紹介していただきました

紙切り台
DSC03073 - コピー

この紙を切る作業は、ご主人が協力しています
さすが技術職だったご主人、緻密で丁寧な仕事ですね

着物を織るには、2mm幅に切るそうです
DSC03075 - コピー

もみ石
DSC03076 - コピー
湿らせて揉みます

「紙布織り」で一番むずかしいのは、紙を揉むことだそうです
彼女は、そこに心が写し出され、和紙にも心があることがわかるという

DSC03086 - コピー

このもみ石は、じゃっけ石ともいい
彼女が心酔する、白石和紙工房、遠藤まし子さん(94歳)から譲り受けたそう

宮城県白石(しろいし)では、江戸時代から「白石紙布」が織られていました
Oさんは、白石和紙の工房を訪ねた時
京都の先生の「紙布織りには白石和紙が一番」という言葉を思い出したそうです
出会いがありました

行程の続き
DSC03080 - コピー 
DSC03089 - コピー 
DSC03091 - コピー - コピー DSC03083 - コピー - コピー


とことん追究するOさんは、全国の紙漉き工房をご主人と共に訪ね歩いていました
DSC03106 - コピー (2)

和紙の原料には、楮(コウゾ)・三椏(ミツマタ)・雁皮(ガンピ)があるのですね
DSC03105 - コピー (2)

それら全国の和紙を、紙糸にして二重織りした紙布を、葉っぱに見立て飾ってありました
DSC03104 - コピー DSC03125 - コピー


紙布織りには、経糸も緯糸も紙糸を用いる「諸 もろ 紙布」
経糸は絹・綿それぞれに和紙を織り込んだ「絹紙布」・「綿紙布」があるそうです

紙布は洗濯が出来て、柔らかくなり体に馴染むとか

たくさん織られた作品が展示してありましたが、その後お話を伺えなかったので
サクッと全体の写真をー
DSC03108 - コピー 
DSC03101 - コピー DSC03102 - コピー
DSC03121 - コピー 
DSC03118 - コピー

着尺一反分の紙糸作りに3カ月もかかるそうで
染めは、良い紙でないとうまくいかないとか

諸紙布を織った時には、経糸に張った紙糸が何度も切れて
なんとか工夫して織り上げたと聞いています(切れた経糸の結び目を作らずにー)

努力と根気が実を結び、某工芸展で入賞を果たした着物ですね
DSC03114 - コピー (3)
経よろけ紙布 「暁雲」 (五箇山和紙)

経糸をに染め、その上よろけで織るという凝りよう
紙布をよろけで織っている人はいないでしょうね
以前から好きで取り組んでいたよろけがここにも生き、彼女の特徴になっています



にほんブログ村
スポンサーサイト

| art&works | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まゆみ先生の手織りのタペストリーと着物

ハンディな織機から出発した私は、本格的な織機を学びたくて
まゆみ先生の教室「染織舎いしちぇる」の門をたたいたのは、もう20年近く前になります
数年、教えていただきました

まゆみ先生を一言で称すると、“寛容”という言葉かなと思います
多くの人たちから慕われていました

その先生から、体力的に限界だから教室展は最後にするということで
これまでの生徒たちにも出品依頼が届いたのが、昨年の初秋
ところが、突然の訃報が晩秋に舞い込みました
準備を進めていた最後の教室展は、まゆみ先生の追悼展ともなりました

DSC02835 - コピー DSC02885 - コピー
会場風景(宮城県美術館「県民ギャラリー」)


自然や花を愛した先生の織物は、詩情溢れるものでした

DSC02874 - コピー

DSC02855 - コピー DSC02772 - コピー  
DSC02864 - コピー  
DSC02871 - コピー


先生の織った着物も一堂に観ることができました
DSC02847 - コピー

DSC02852 - コピー
たてよこ絣

DSC02848 - コピー
たてよろけ

DSC02853 - コピー
浮き織り


まゆみ先生の図案を、アシスタントの美和さんが織った綴れのタペストリー

DSC02879 - コピー

まゆみ先生が残してくれたものは、それぞれに大きいものがあることでしょう



にほんブログ村

| art&works | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去の「ビーズ織り」works

前記事で、久し振りに “ビーズ織り” をしましたが
使ったのは、クローバーで発売しているプラスチックの“カード型ビーズ織り機”

DSC02144 - コピー - コピー
「ビーズ織り」でワンちゃんを織ってみました~♪


本格的な “ビーズ織り” は、数年前に2年間ほど習っていました
キラキラ光り輝くビーズ織りに癒されて、魅せられてー

今回、仕舞い込んでいた道具類の箱を開けると
中に当時織った作品も一緒に入っていました(すべて、見本があって織ったものです)

アクセサリー仕立てですが、手のひらサイズと大きいので、なかなか使う機会がない。。。

DSC02270 - コピー

DSC02271 - コピー

DSC02272 - コピー DSC02273 - コピー

下は、“ラリエッテ” という首にかける飾り(経糸の始末と房がまだだった。。。)
DSC02276 - コピー

この織り機で、経糸を長く巻いて、巻き取りながら織りました
DSC02264 - コピー

二重織り(倍幅)で、ティシュケース入れも
DSC02279 - コピー

教室では、上級者さんはバッグなどを織っていましたね
私は、作業が細かすぎて目と手先がきつくなり、2年ほどでギブアップしてしまいました。。。



にほんブログ村

| art&works | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

棟方志功の青森津軽こけし&現代の青色こけし

少し前になりますが、印象に残った展示会がありました。

場所は、仙台駅から歩いて数分の所にある、「カメイ美術館
会社社長二代にわたるコレクションを中心に展示しています。

   CIMG9115 - コピー

今回は特別展「津軽系伝統こけし 今晃の世界」が開催されていました。

こけし とは、東北地方に伝わる、木地で挽いた人形。
お椀などを挽いていた木地師が、子どものおもちゃとして作ったもので、湯治客のおみやげになって広まったと言われています。

11系統あるうち、一番北の青森 津軽こけし、工人・今晃さんの作品は類型的でなく、なんて素朴なんでしょう。

CIMG9112 - コピー
CIMG9100 - コピー CIMG9098 - コピー


ここに特別展示されていたのが、青森市出身の板画家 棟方志功 が絵付けした、3本しか現存していないという 津軽こけし

       CIMG9105 - コピー
       (左2本は青森県黒石市「津軽こけし館」蔵、右は個人蔵)

こけしの曲線が、志功の筆で、ますますふくよかに見えますね。

青森市に「棟方志功美術館」があり、以前、見に行ったことがあります。

志功 は、自らの木版画を“板画 ばんが”と名付けました。
彼の独自性は国内ではなかなか認めてもらえないでいましたが、海外の国際版画展で日本人として初めて大賞を受賞したことにより、逆に国内でも注目されるようになったという経緯があります。


ところで、最近話題になっているのが、“青色こけし Indigo Kokesi”
TVや新聞で見ただけで実際は見ていませんが、今までになかった青色や藍色を使ったこけしです。

kokesi.jpg
「河北新報」紙上から

モダンな感じで、洋風リビングにも合いそうです。
興味を持たれた方は、 BEAMSをクリックしてご覧ください。

ちなみに、5月3日から宮城県白石市で、「全日本こけしコンクール」が開催されます。


カメイ美術館はまた、世界の蝶のコレクションでも知られています。(撮影不可)
入口には、鮮やかな蝶の羽で模様を構成した作品も展示されていました。

CIMG9110 - コピー

CIMG9109 - コピー (2)

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| art&works | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目黒雅叙園「いけばな×百段階段」

一記事、間に入りましたが、東京日帰り旅の続きです。
六本木アート・トライアングルから、目黒に向かいました。

目黒雅叙園というところに、昭和10年当時の建築物が残っているそうです。
 CIMG6075.jpg

百段階段 と呼ばれる、実際は99段の階の途中に7つの間が現存していて、それぞれの部屋にいけばなを展示するという企画です。

7つの間は、当時の日本画壇の粋を集めたという襖絵や天井画、床柱の彫刻、障子などの建具細工、螺鈿の長押など、これでもかというくらいの装飾華美です。

私が訪れた週は古流派の担当で、造りに調和するような展示だったので、現代流派ならどう活けるかという興味は残りました。

撮影禁止だったのでパンフレットから。
 CIMG6292.jpg

「文化財ガイド付き見学ツアー&ランチ」もあるそうなので、別次元の美に浸るのもいいかも。

現在の目黒雅叙園は総合結婚式場で、なにせ、おのぼりさんなので物珍しくて写真を撮って来ました。
 CIMG6068.jpg
       
          CIMG6033.jpg
 
 CIMG6029.jpg

          CIMG6064.jpg

              エレベーターの内と外も螺鈿がビッシリ!
  CIMG6069.jpg  CIMG6020.jpg


 誰もいなかったので、豪華な“ご不浄”もカメラに収めちゃいました。
  CIMG6041.jpg

          CIMG6043.jpg

  金色の天井画の下、小川が流れる朱色の太鼓橋を渡って参ります。    
   CIMG6050.jpg  CIMG6052.jpg

後日こちらの知り合いの方が、甥御さんの結婚式が目黒雅叙園であって、私の2日後上京していたことがわかり、この“ご不浄”のことも含めて話が盛り上がりました。  

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| art&works | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT