ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

この夏の収穫から「コリンキー」と「スイカ」と「ドライトマト」

この夏は、36日間連続雨・・・観測史上新記録だったそうです
梅雨明け宣言もすぐ取り消されて、そのまま秋に突入ー

日照不足と寒さでお米の出来も心配されましたが、平年並とのことで良かった~
我が家の畑の夏野菜たち(トマト、キュウリ、ナス・・・)も
まあまあ食べきれないほど収穫は出来ました

その中で、ご近所さんから2苗いただいて初めて育てたのが
コリンキー ( 生で食べるかぼちゃ)

DSC09918 - コピー

つたがいっぱいに広がり、ソフトボール大になると収穫できます


某カフェのランチのサラダにも供されていました(黄色い薄切りの部分)

DSC00127 - コピー

皮付きのまま食べられるのですね(皮も柔らかい)

ぱりぱりした食感はありますが、実はあまり味はしないので
浅漬けや甘酢漬け、麹漬け、ぬか漬けにして毎日のようにいただきました

DSC00249 - コピー DSC00140 - コピー

友人のYさんからいただいたレモン酢でー
漬けてすぐ食べられます
DSC09063 - コピー


メロンとスイカにも挑戦しましたが、メロンはダメで、スイカ は一個だけ出来ましたよ

DSC09930 - コピー

DSC09932 - コピー

カズが切ってきてくれました
エッ 
真ん中が欠けている

DSC09936 - コピー

一番美味しいところを可愛いルルちゃんに食べさせたんですって
親バカだネェ

人生初の自家栽培スイカ、甘くて美味しかったあ

皮も浅漬けにしていただきました

DSC09941 - コピー


トマト も各種、毎日毎日収穫出来て食べきれないので
ドライトマト作りにも初挑戦

DSC00181 - コピー

晴れた日は太陽に当てましたが、天気が良くないのでほとんどオーブン任せ

DSC00245 - コピー

オリーブオイルに浸して、冷奴やチーズと共にいただいています
生とは全く違う美味しさに目覚めました

いいね

にほんブログ村
スポンサーサイト

| foods&cooking | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

癒しの創作和菓子「オズの魔法使い」から、色に音を感じて~♪

ここのところ、心が疲れ切っている・・・

街に出たついでに、女性の職人さんが作っている和菓子屋さんに寄って
人気の月替わりの “創作和菓子” を買ってきた

ストーリーを込めた、オリジナルな和菓子
今月のテーマは、「オズの魔法使い」

DSC07972 - コピー

左が “陽”、右が “道” と名付けられている

主人公ドロシーが黄色いレンガの道を陽の当たる方へ進む・・・
という物語の場面から着想を得たそう

新生活をスタートさせた人たちへのエールを込めたという、元気な和菓子だ
食べるのがもったいないくらいだが
どちらも口へ運ぶと、ナント中にも繊細で楽しい細工が施されているよ


ええっと・・・「オズの魔法使い」って、どんな物語だったかな?

図書館に行くカズに、一冊借りて来てくれるよう頼みました

DSC07986 - コピー

ずしりと重い一冊、絵本じゃないんだね、原作を読むのは初めてだ (江國香織・訳)

物語は、竜巻に飛ばされたドロシーという女の子と
わらのかかし、ブリキのきこり、臆病なライオンの自分探しの旅

挑戦や冒険をすることで、外の世界に呼応して
もともと持っていた内なる自分の引き出しが開けられる・・・


黄色いレンガの道、エメラルドの街、など
本を読み進めていくと、色彩がドンドン飛び出し
色がリズムを奏でて、弾んでいるようだ

イラストが大人っぽいモノクロなのがいいのかな
そういえば、映画の歌は、「Over the Rainbow」だったね

色に音を感じるのは初めてだ
気持ちが沈んでいたけど、それがまた新たな気付きをもたらしてくれたんだね


「家は、暮らしの宝石箱でなければならない」(建築家ル・コルビジェの言葉)
まあ家はそこそこでもいいんで、“家”を“心”に替えてみる

「心は、人の宝石箱でなくてはならない」
外で悲しいことがあっても、心の中に宝石をいっぱい散りばめて、避難小屋にしよう


「・・・ドロシーは心配するのをやめました。
未来に何が待っているのか、静かな気持ちで待つことにしたのです。」
・・・風はうなり続けていましたが、
ドロシーはすぐに目をとじてたちまち眠りにおちました。」(引用)


いいね


にほんブログ村

| foods&cooking | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の恵み「花わさび」のスパゲッティなどなど~♪

庭の片隅にほんの少し 「葉わさび」 があります
白い可憐な花を咲かせるこの時期は 「花わさび」 とも呼ばれます

DSC07534 - コピー DSC07529 - コピー

花も食べられるのだけど、なかなか殖えないので、食べるのはもったいな~い!

それが今年は、お隣さんからこんなにたくさんいただきました

DSC07604 - コピー

仙台市郊外のご実家に自生しているのだとか、うらやましい~
見えにくけど、 をたくさん付けていますよ

さっそく下処理というか、辛み出し (私のやり方は、簡単)
3cmくらいにざく切りして塩でもみ、ざるごとお湯にざぶんとくぐらせて
お湯を切り、タッパーに入れてめんつゆを少しかけ、蓋をして振るだけ

DSC07606 - コピー DSC07611 - コピー


いつもの カンタン・ダイタン・チャッチャッと料理
~ 「花わさび」尽くし ~ お昼にお隣さんをお呼びしました

「花わさび」 の スパゲッティ
オリーブオイルにニンニク、唐辛子を入れて熱したところに
茹でたスパゲッティと花わさびをあえただけ

DSC07616 - コピー

お隣さんからは、わさびの葉っぱがあまり辛くないので食べやすいねー
と、いうコメント。。。(それじゃダメなんですネェ。。。)
そういう訳で、おばあさん直伝という辛みの出し方を教えていただきました
次回から挑戦してみたいと思います


定番の お豆腐 に乗っけてー
DSC07521 - コピー


そして、私の 思いつき、カンタン料理  (料理名はナシ)
パイシートに カマンベールチーズ を乗せて、オーブントースターで焼いてみました
とろけたチーズと花わさびの辛みが good matching♪

DSC07524 - コピー


酒粕 ともあえてみました
DSC07644 - コピー

お酒に弱いお隣さん、一つまみで顔が赤くなってしまったね


後日、お隣さんから教えていただいた辛みの出し方をやってみました
かなり辛い、けど、うま味もあります~♪

以前、ステーキにわさび が付いてきたのを思い出し、作ってみました
牛の挽肉に塩、胡椒だけしたハンバーグ と (肉はあまり捏ねない方が良いようです)
牛の薄切り肉をしゃぶしゃぶして、さっと醤油をまぶしたものに、添えてー

DSC07632 - コピー DSC07909 - コピー


アボガト とも相性いいです
DSC07915 - コピー


私は イカの粕漬け が好きなのですが、今のイカは小さくてお高いのでタコにしました
<タコ(の頭)と花ワサビの酒粕の和え物>

DSC07646 - コピー


春の恵み 「花わさび」三昧♪
残りは密閉したビンに詰めて冷凍しました
誰か、我が家に食べに来て~

いいね

にほんブログ村

| foods&cooking | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春を告げる魚と果物をいただきました~♪

釣りがご趣味の、以前隣りに住んでいた方が、お魚をわざわざ届けに来てくれました
仙台湾で釣ってきたという、大きな メバル (25㎝はある)
春告げ魚 とも言われます

DSC06928 - コピー

眼張(メバル)というだけあって、眼が大きい~

今回はお刺身にしないで、近々魚好きの父が来るので、煮付けにしようと思います
煮こごり がまた美味しい~
煮こごりだけでごはんをお代わりしてしまいます


同じ日に、神奈川のYさんから、今年も 夏みかん が届きました

DSC06922 - コピー

プラス、手作りのソースも~

DSC06924 - コピー

でも、まだ初春なのに、夏・・・?

数年前の3月中旬、ルルの姉妹エルザちゃんを訪ねて、横浜郊外を走っている途中
何軒もの庭先で黄色い夏みかんがぶら下がっているのを見てびっくりしたことがあります
Yさんの家でも、庭に2本の夏みかんの木があって、この時期に収穫するそうなのです

彼女に教えていただいて、無農薬の皮でピールやママレードを作ったこともありますが
今年は私が腱鞘炎で、包丁を持つのをセーブしているので
皮も混ぜてスムージーにしていただこうと思っています


一緒に、ご主人お手製の 燻製のロースハムとベーコン も届きました

DSC06944.jpg

こだわりのお肉を、塩漬けしたりピックル液に浸けたりして、それだけで半月
その後、数時間も燻煙したり、ボイルしたりと、本格的で贅沢なイッピンです

キャンピングカーで旅をしていた頃
いただいたハムを切って、タッパーに入れて持って行ったことがありました
スモークの上品な香りと、熟成された深い肉の味・・・
日持ちはするし、少量でもボリュームがあり、旅の空で大満足でした~


カズは、啓蟄の日に合わせて、薔薇の剪定と施肥を終え
畑の準備にとりかかっています

DSC06938 - コピー DSC06940 - コピー

季節が確かに変わったのだと実感します


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村

| foods&cooking | 07:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島から「むかご」とか 三陸の「どんこ」とか・・・初冬の味覚♪

福島に住む歌人のMさんから、自作の歌を添えて送られてきたのはー

“ むかご ”

DSC02510 - コピー
ふぞろいの むかごほこほこ 笑いいて ほこほこうまし むかごごはんは


DSC02516 - コピー (2)  
DSC02523 - コピー  
DSC02525 - コピー
ルル、生では食べれないね

むかごは、自然薯や山芋の蔓にできる実
炊き立てのむかごごはん、ほこほこ~♪

DSC02532.jpg DSC02531 - コピー  
DSC02534 - コピー


次は、宮城など三陸の郷土料理 “どんこ汁”

どんことは魚、 姿はちょっとグロテスクな魚だけれど、肝が旨~い♪

DSC02527 - コピー - コピー - コピー

汁は味噌仕立て、具は有り合わせのものですけどー

DSC02538 - コピー - コピー - コピー

< むかごごはん & どんこ汁 >
DSC02543 - コピー - コピー


カズの 白菜漬 もできました

DSC02547 - コピー


これは 春菊の白和え

DSC02550 - コピー

私は年を取って、えもいわれないくらい春菊が大好物になったのです

庭の片隅に、年2回種を植えて栽培しています
柔らかい葉は、生でもサラダなどでいただいています

DSC06416 - コピー

冬を越して春になると、黄色い花が咲きますよ


< 白菜漬 & 春菊の簡単白和え >
DSC02548 - コピー

簡単白和えのレシピは、もっぱらこれ
絹ごし豆腐とマヨネーズとすりごまに、塩か醤油をほんの少し加えて、和えるだけ


ゆでた春菊を細かく刻み、大根おろしと和えて、ポン酢しょうゆをかけてみたら
これも美味しかった~♪

DSC06422 - コピー DSC06426 - コピー

織りと関連ないけど、ぽちっと応援してネ ルルより


にほんブログ村

| foods&cooking | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT