ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薔薇の名前「ピエール・ドゥ・ロンサール」

薔薇は何万種類もあるそうで、古今東西の著名人の名前が多くつけられています
リリー・マルレーンとか、クリスチャン・ディオールとか
クイーン・エリザベスやミスター・リンカーン、プリンセス・ミチコなどなど・・・

その人に因んだり、捧げたり、と尊敬の気持ちが込められています
一昨年訪れた函館の公園には、平和を願って名付けられたという
“スーヴニール・ドゥ・アンネ・フランク” という名前の薔薇がありました


そして、これらの花々が、“ピエール・ドゥ・ロンサール” という名を冠した薔薇
DSC04422 - コピー

モダン・ローズ系で大輪のカップ咲き

DSC04430 - コピー

育てやすく、花付きも花持ちも良い品種です
(我が家では年3回くらい咲きます、2度目3度目は花は少なく小さくなりますが)

咲き始めは、中央がピンク、外側に向かって白のグラデーション
DSC08680 - コピー

やがて薄いピンクになって、中央が渦巻きのクオーター・ロゼット咲きになります
DSC08678 - コピー - コピー - コピー


今年も友人たちが、庭の薔薇を見に来てくれて
友人の一人から、メールが届いていました

ピエール・ドゥ・ロンサール さんは、フランスの詩人だそうです
“薔薇の詩人”とも呼ばれ、詩が添えられていました
(彼女は、大学でフランス語を専攻し、今でも学びを続けています)

「カッサンドルへのオード 」 ピエール・ド・ロンサール (1524~85)

ぼくの可愛い人よ、見に行こう

朝の光を受け緋色に輝く

その衣を広げたあの薔薇が

夕べに、その重なるひだの衣と

君の頬に似た紅色を失ってはいないかと。

ああ! ごらん、ほんの少しの間に

ぼくの可愛い人よ、あの美しい薔薇は

なんということか、地面に散ってしまった。

おお、おお、自然よ、なんと意地悪な母であることか、

このような美しい花でさえ、朝から夕べまで

その命を永らえることができないとは!

だから ぼくを信じてくれるのなら、可愛い人よ、

君が、新緑の葉の中で

花を咲かせるこのときに

摘めよ、摘めよ、君の若さを

この花のように老いが

君の輝きを曇らせてしまうだろうから (訳・山本薫)



解説文にはー

若者が出会ったばかりの女性に
今朝咲いたばかりの、朝日を受けて
輝くみずみずしい薔薇のイメージが重なり
そのふっくらとした何枚もの花びらは
女性のスカートのひだをたっぷりとって
膨らんだ衣のようでもあります


という一文がありました

ひだをたっぷりとって膨らんだスカートって、どんなものかなと思っていたところ
2年前から始めた “スクエアダンス” のパーティで
お姉さま方がお召しになっていたコスチュームに目を見張りました

1360 - コピー - コピー - コピー  
1467 - コピー

短いギャザースカートの下に
“パニエ” という、ひらひらしたカラフルな下着を覗かせています

重さで下を向いた花のようですね
DSC08686 - コピー


ところで、カッサンドル とは、ロンサールさんが一目で心奪われた少女の名前
恋は実らず、やがて散りゆく花・・・
ロンサールさんは、薔薇の美しさに
自然や恋愛、人生のはかなさを詠んでいるそうです

いいね


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 花とガーデニング | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜の花々(ルッコラ・行者ニンニク・パクチーetc)~なんとも可憐です♪

DSC08414 - コピー  DSC08406 - コピー DSC08394 - コピー
ルッコラ (ロケット) の花
後で知ったのですが、花もサラダやスープのトッピングにしたりして食べられるそうです
(来年もこの花を見たいので、ルッコラを植えたいと思っています)


DSC08429 - コピー
小松菜 の花
小さな花々、これも食べられます


DSC08402 - コピー DSC08421 - コピー
ラディシュ(二十日大根)の花
みずみずしいラディシュ、葉っぱも炒めたりして食べました


DSC08178 - コピー  
DSC08198 - コピー
春菊 の花


DSC08437 - コピー
さやえんどう は、スイートピーの仲間なんですね


DSC08557 - コピー
西洋パセリ の花


DSC08507 - コピー DSC08542 - コピー
ミニトマト & 茄子


DSC08554 - コピー
大根 の花


DSC08544 - コピー DSC08543 - コピー
きゅうり


DSC08428 - コピー
行者ニンニク の花


DSC08549 - コピー DSC08551 - コピー
カボチャオクラ


DSC08530 - コピー
ジャガイモ (メークイン) の花


DSC08455 - コピー
ピーマン の花
 

DSC08571 - コピー - コピー
パクチー の花


DSC08645 - コピー DSC08649 - コピー
これは、茎が伸びすぎて、とうが立った ほうれん草 です
その茎の葉っぱの付け根に、小さな花がー



昨年秋より、幸運にも向かいの空き地をお借りすることができました

DSC08644 - コピー

DSC08481 - コピー


宮沢賢治と山尾三省に心酔しているカズは、“青葉宇宙農園” なんて名付けて
畑の見取り図まで作成しています

DSC08634 - コピー


4月半ばに種を蒔いた、繊維用の亜麻 もすくっと伸びてきています
DSC08464 - コピー


秋に落ち葉を集めて仕込んだ 腐葉土 、半年がかりで出来ましたよ
DSC08484 - コピー


<ブログ内参考記事>

カズの畑と腐葉土作り(花とガーデニング)


いいね


にほんブログ村

| 花とガーデニング | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再びの雪にクリローとセリバオウレンたち~♪

27日の大雪も、翌朝には消えかけていてー
なごりの雪とクリローたちのコントラストに魅せられて
またまた写真を撮ったので、UPしました

DSC07223 - コピー

花の色はバラバラだけど、ハーモニーを奏でているみたい~♪

DSC07221 - コピー

クリスマスローズと言ってもクリスマスの時季に咲くわけではないけど、雪が合うんですね

イギリスでは、原種がクリスマスの頃に咲き、花が薔薇に似ていたことから
「クリスマスローズ」と呼ばれていたそうです

DSC07273 - コピー
DSC07238 - コピー
DSC07233 - コピー

クリローの後方では、山野草のセリバオウレンが
落ち葉と雪の間から、一足先に弾けていました
DSC07260 - コピー

1cmにも満たない小さな小さな楚々とした花
DSC07268 - コピー

線香花火のようです
DSC07267 - コピー

さてさて、明日から4月、新年度ー
春の優しい陽光に包まれて、気持ちも新たに明るく日々を過ごしていこう~♪


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村

| 花とガーデニング | 06:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なごり雪とクリスマスローズたち~♪

ほんの一週間前の朝、湿った雪が積もっていました

DSC07029 - コピー  
DSC06993 - コピー


その雪も程なく解け
玄関の脇に土をこんもり盛って、少しづつ植えてきた
クリスマスローズたちが咲き揃ってきました

DSC07114 - コピー  
DSC07111 - コピー  
DSC07108 - コピー

花のように見えるのは、ガク

DSC07099 - コピー  
DSC07098 - コピー

ガクが笠となり、小さな花のおしべやめしべを守っているようですね

DSC07094 - コピー  
DSC07101 - コピー


畑も一面、雪で覆われていましたが

DSC07003 - コピー

暖かい日差しに、タマネギやニンニクの芽もぐ~んと伸びてきていますよ

DSC07078 - コピー


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村

| 花とガーデニング | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

落ち葉の使い道は地味でした~(カズの畑と腐葉土作り)

カラフルな落ち葉で、お洒落なハンドメイド作品を作ったのかな・・・

期待してブログを見た方もいらっしゃったかと思いますが、スミマセン・・・
落ち葉(枯葉)の使い道は、地味でした~


秋も半ば、ひょんなことから、
お向かいの空き地の一部を、お借りできることになったのです

DSC06295 - コピー

DSC06161 - コピー  

カズ(夫)とお隣のご主人が畑を興し、年越えのタマネギやニンニクを植えました

DSC06163 - コピー DSC06162 - コピー


カズは、畑の土の状態を良くしようと、腐葉土作りを思い立ったのです

腐葉土を作るには、大量の枯葉が必要だということで
落ち葉を集めに行ったという次第です

畑の片隅に、腐葉土を作るために、穴を掘り、板で囲いを作って
晴れて暖かい日、お隣のご主人と作業をしました

DSC06384 - コピー
集めてきた落ち葉を敷き詰めー

DSC06386 - コピー
米ぬかを撒いたりー

DSC06392 - コピー
黒土を入れたりー

DSC06399 - コピー
酒粕を溶いた汁もふりかけてー

日を替えて、繰り返し何層もサンドしました
DSC06298 - コピー DSC06300 - コピー
DSC06280 - コピー DSC06320 - コピー

覆いをかぶせて、春まで発酵を待ちます
中は60℃ぐらいになっているはずだとか

DSC06406 - コピー


12月7日、朝起きると、畑は雪を被っていました

DSC06445 - コピー

DSC06450 - コピー

春が待ち遠しいね!


クリックして応援してネ ルルより



にほんブログ村

| 花とガーデニング | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT