FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩手の手しごと② ホームスパン

パン、といっても、“bread” じゃないよ

homspun ・・・ home (家) spun (紡ぐ)

スコットランド発祥で、手紡ぎ手織りした毛織物のことです
羊毛農家が羊の毛を家で紡いで織ったのが始まり、とか

日本には明治時代に伝わり、その後衰退していくものの
岩手では伝統産業として守られ、盛岡・花巻に幾つか工房が残っています
岩手県のホームスパンは、国内生産の8割を占めているとか、


花巻(東和町) に唯一ある工房を見学させていただきました

P1010180 - コピー

カタカタカタカタ・・・
外まで音が響いてきます

以下、工房内の様子です

P1010148 - コピー
P1010149 - コピー

実は十数年前にも、織りのグループでここを訪れていて
その時は、手紡ぎなどの体験もさせていただいていました

P1010173 - コピー
P1010174 - コピー
P1010175 - コピー 
P1010176 - コピー P1010164 - コピー 
P1010163 - コピー P1010165 - コピー 


ホームスパンは高級ツイードで、ざっくり柔らか、ジャケットやコートの生地になるそうです
シャネルやイッセイミヤケなど海外ブランドからも注文があるとか

P1010169 - コピー
P1010156 - コピー
P1010160 - コピー


工房の入口には、加工した小物類が販売されていました

P1010179 - コピー

P1010178 - コピー

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー
スポンサーサイト



| 岩手紀行 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手の手しごと① さき織

花巻「賢治の童話村」の並びに、“さき織” の工房がありました

P1010227 - コピー

年配の女性がお一人、2台の機を駆使して織っていました

P1010234 - コピー
P1010238 - コピー

さき織(裂き織り)とはー
東北では木綿は貴重で、着古した布も捨てることなく、裂いて再び布に織っていました

P1010231 - コピー P1010235 - コピー

色と模様が、アトランダムに表れるのがおもしろいところです

P1010226 - コピー

さき織の布を様々な小物に仕立てて、販売もされていました

P1010229 - コピー


次に、花巻郊外の 「さき織伝承館」 に行ってみました

P1010191 - コピー
P1010187 - コピー

閉まっていたので、外からガラス越しに撮りました

P1010189 - コピー
P1010188 - コピー

ここでは裂き織りの体験もできるそうですが
予約がある時しか開けないらしいです

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風の又三郎ゆかりの「種山高原」キャンプ場

283号線(or釜石自動車道)は東に、遠野・釜石へと沿岸まで続いていますが
遠野・釜石は前に行ったことがあるので、内陸部へと車を走らせました

* 昔カズは山岳部で、遠野の早池峰山にも登ったことがあります
早池峰山は、固有のハヤチネウスユキソウ(エーデルワイス)が咲く山です



山沿いを登ると、「道の駅 種山ヶ原 ぽらん」 がありました
「ぽらん」という名は、宮沢賢治の小説に因んでいるとか

P1010454 - コピー P1010456.jpg


さらに登ると、「種山高原・星座の森」 というキャンプ場に着きました

P1010479 - コピー
P1010465 - コピー
P1010467 - コピー

周囲は広々とした牧草地、夜は星もくっきり見えることでしょう

P1010470 - コピー
P1010469 - コピー

ここ種山高原は、宮沢賢治が何度も訪れていて
「風の又三部」 などの作品を残した所だそうです

P1010459 - コピー
P1010462 - コピー P1010463 - コピー

センターハウスには、売店、レストランのほか
サウナ付きの “薬草の ゆ ” がありました
P1010472 - コピー

親切な管理人さんが、ルルもハウス内に入れてくれて
カズと交替で、管理人さんお薦めの薬湯に入ってきました
P1010474 - コピー


キャンプ場から更に山道を登ると、遮るものもない牧草地が広がっていました

P1010484 - コピー

ルッちゃんを放牧すると、大喜びで走る、走る~♪

P1010486 - コピー

見えなくなるくらい遠くまで、跳ぶように行っちゃいました~


宮沢賢治の作詞作曲「牧歌」は、ここ種山ヶ原を歌った曲です
実際にこの場所で、この歌を手嶌葵さんが独唱した様子をTVで見たことがあります
(ユーチューブでも見ることができます)


P1010496 - コピー

今にも、風に乗って、又三郎が飛んできそうな風景です


岩手 遠野 地図 - コピー


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀河鉄道の夜は明けて~♪ 遠野「道の駅みやもり」

前夜は、宮沢賢治の 「銀河鉄道の夜」 を彷彿させるかのように
ライトアップされた 「めがね橋」 を、列車が暗闇の空に消えていきました~♪
(カズが、素晴らしい動画を撮ってくれたよ!)

感動冷めやまず、その夜はそのまま、「道の駅みやもり」 に車中泊

P1010428 - コピー

夜が明けると、宮守川 に添って、広々とした公園になっていました

一瞬! 川から飛び立つ、カワセミ も目撃したよ♪

P1010440 - コピー

前身の橋桁が一脚、残されていました

P1010436 - コピー


ひとしきり、散歩したり、ルルを走らせた後
この東屋で、朝食を取りました (道路向かいにコンビニがあります)

P1010432 - コピー

P1010435 - コピー


夕べ、暗闇だった 「恋人の聖地」

P1010446 - コピー


休日運航されているという「SL銀河」の案内

P1010443 - コピー

車内は、「銀河鉄道の夜」をイメージした造りになっているそうです

P1010445 - コピー


車中泊したのは我が家だけだったので
ルッちゃんは、クン活しながら心ゆくまで走り回ったよ~♪

P1010431 - コピー


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さながら銀河鉄道の夜♪ 遠野「めがね橋」のライトアップ(動画あり)

東北横断鉄道の東和インターを降りてすぐ
「道の駅とうわ」 の東和温泉で、一風呂浴び

283号線の 「道の駅みやもり」 に着いた時には、すっかり陽が落ちて
「めがね橋」 は、すでに煌々とライトアップされていました

DSC05416 - コピー

「めがね橋」は、JR釜石線の「宮守川橋梁」の愛称で
「道の駅みやもり」から見ることができます

宮沢賢治は、前身の「岩手軽便鉄道」をモデルに
「銀河鉄道の夜」 を執筆したとか

敷地内には、時刻表も表示してあって
待っていると、2両続きの下りの列車が通って行きました

DSC05417 - コピー
DSC05418 - コピー
DSC05419 - コピー


少しして、今度は3両続きの上りの列車が来ました

DSC05421 - コピー

カズが、素晴らしい動画に撮ってくれました~♪
[広告] VPS


さながら、「銀河鉄道の夜」 を彷彿とさせられます

休日には、「SL銀河」 の車両も運航されているそうですよ


DSC05429 - コピー
DSC05425 - コピー (2)
「恋人の聖地」のプレートの前で


岩手 遠野 地図


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー


| 岩手紀行 | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT