ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

岩手県花巻市「萬鉄五郎美術館」

花巻 といえば 宮沢賢治 ですが、今回は 東和 町にある 「 よろず 鉄五郎美術館 」 にやってきました。

CIMG3080 - コピー


東和町は花巻市に合併されましたが、萬鉄五郎 はこの東和町出身、明治生まれの画家で、日本近代絵画の先駆者と評価されています。

CIMG3083 - コピーCIMG3081 - コピー


生命 いのち の爆発 」というタイトルの如く、今回のチケット(下)になった「太陽と道」という絵は、まるで ゴッホ のような激しい筆致です。

img003.jpg


裕福な家に生まれた東京美術学校(西洋画科)に進みました。
次の作品(今回展示なし・画集から)は明治45年(1912年)の卒業制作です。

     img004.jpg 「裸体美人」

黒田清輝はじめ教官たちには不評でしたが、今日では近代日本絵画の幕開けになった作品だと評価されています。


一度も海外へ行ったことのなかったでしたが、天性の美的感覚で新しい絵画の流れを先取りしました。
印象派、フォビズム(野獣派)、キュビズム(立体派)、未来派の影響を受けた作品を残しています。

img888 - コピー img007 - コピー
    「自画像」(今回展示なし・画集から)          「もたれて立つ人」(画集から)


は、制作(と生活)のため一時東和に戻り、再び上京するものの42歳の若さでこの世を去っています。

    
美術館に隣接して、の生家の土蔵を移築復元したカフェ&ギャラリーがありました。

CIMG3085 - コピー

八丁土蔵」 “八丁”とは、家の屋号だったそうです。

CIMG3095.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

スポンサーサイト

| 岩手紀行 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手県紫波町へ薔薇園を訪ねてプラス道の駅巡り

岩手は隣の県なので、何度も訪れています。
世界遺産になった 平泉 は、中学校の日帰り遠足の地でした。

盛岡 は好きな街です。 材木町紺野町 など・・・

仙台から盛岡までは、新幹線で1時間、高速バスだと2時間。
岩手県立美術館 へも日帰りで何度か行きました。
常設展示の地元出身の彫刻家 舟越保武 の作品にはいつも感銘を受けます。
彼がこの時代に生きて、今回の大震災を見たら、どんな作品を残しただろうか。

この日は、花巻市 ある 「萬鉄五郎美術館」が目的です。

その前に、盛岡市の南隣の町、紫波 しわ へ足を伸ばしました。
ここに中規模なバラ園があって、訪ねるのは数年振り。


CIMG3012 - コピー


CIMG3055 - コピー 
建物はレストラン(前に来た時ランチしました)

CIMG3054 - コピー20140613134710.jpg
CIMG3014 - コピーCIMG3009 - コピー
CIMG3032 - コピーCIMG3051 - コピー


バラ苗の販売もしています。
カズは、庭の入口を華やかにしようと、赤いつるバラを購入。
     CIMG3058 - コピー (2)

印象に残った黄色の修景バラは、苗を予約しました。
来年自宅へ届くそうです。
     CIMG3066 - コピー


バラ園を後に、「萬鉄五郎美術館」のある 東和 町(花巻市)へ南下。

紫波 町では「道の駅」と「峠の駅」に、東和 町に入って「道の駅」に立ち寄りました。

道の駅 紫波

昼食はレストランもありましたが、ルルがいるのでオープンテラスで。
旬の野菜ピザと紫波牛のコロッケバーガー、写真にありませんが紫波牛のメンチカツ。

CIMG3075 - コピー CIMG3074 - コピー

ピザがクラフト生地なのはいただけませんが、具に味付けワラビ(黒く細い線状)とフキ(緑の部分)が入っていてチーズとの相性は新鮮、今度家でも試してみましょう。
コロッケとメンチは、和牛なので当然美味しかった。
ルルは、ピザの端っことりんごジュースをもらったよ。

ここでりんごジュース(ストレート)を使ったアップルティーの作り方を教えていただきました。
ジュースにティーパックを入れてレンジでチンするだけで、砂糖なしの甘いアップルティーができるとのこと。
帰ってから、残りのジュースで早速試してみました。
甘酸っぱくて濃厚なアップルティーです。
CIMG3117 - コピー CIMG3118 - コピー

実はこれまでも一人分のロイヤルミルクティーは、カップに牛乳と水半々を入れてレンジで作っていました。
クローブを入れると体が温まります。
アールグレイで作るミルクティーも好きです。


峠の駅 紫波ふる里センター

CIMG3077 - コピー CIMG3079 - コピー

右は紫波の駄菓子、多くが米粉で作られており、素朴で種類も豊富、伝統文化ですね。


道の駅 とうわ

CIMG3099 - コピー CIMG3098 - コピー

温泉施設(日高見の湯・東和温泉)が敷地内にあり、泊まるのはここがよさそう。


楽しかった産直市場巡り。
ただ季節的なものか、平日のせいか、品揃えは以前来た時より少なかった。

CIMG3105 - コピー

地元の惣菜やワラビ(あく抜き)、山ウド、サクランボなど・・・今晩のおかずです。


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| 岩手紀行 | 06:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |