FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「イーグルス」ホーム初観戦~♪

何を隠そう、私は大の野球ファン!

地元には、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」がありますが
もっぱらテレビかインターネット配信の中継を見ているだけで
実際スタジアムに行ったことはありませんでした

ところがこの度、ひょんなことから
年間シートを購入して観戦している友人から
チケットをプレゼントしていただいたのです

ワクワクして当日を迎え
カズに車で送ってもらって、1時間半前にスタジアムに来ました

DSC06165 - コピー
DSC06182 - コピー

広場では、東北六県の「復興マルシェ」が開催されていて
仙台市のキャラクター「おむすび丸」が羽織袴姿でお出迎え

DSC06179 - コピー DSC06175 - コピー

スタジアムはハイテクで、入場はQRコードを機械にかざし、お店はキャッシュレス

DSC06193 - コピー DSC06191 - コピー (2)


席は一塁側内野席 (シートはソーシャルデイスタンス)

DSC06201 - コピー

席に座り、憧れのスタジアムを一望しました
黒土に、段差なく敷かれた天然芝
球団カラーのクリムゾンレッドに彩られた客席

綺麗で明るくて、広々としていて
解放感で、晴れ晴れとした気持ちになりました

DSC06205 - コピー


この日(9/13)の試合は、運がいいことに
ベスト試合の一つと言えるかもしれほどドラマチックでした

まず、地元出身の投手の復帰戦
岸投手は、開幕早々に故障で離脱していました

岸投手が地元に帰還したときは、震災後の宮城がどんなに励まされたことかー
その岸投手を直に見ることが出来て幸せでした

DSC06236 - コピー DSC06237 - コピー

しかし試合は、早々に大量失点
どうなるかと思いましたが、日ハムの有原投手も不調で結果大勝
(それにしても日ハムの選手たち、体格いいなあ)

楽天は4回からは毎回、計6名の救援投手が次々登板し、
1回ごとにピンチをファインプレーでしのいだりして、全員0点に抑えて
育成まで落ちていた寺岡投手が、プロ初勝利を手にしました

試合は前半乱打戦で、4回が終わった時点で2時間も経過していて
試合時間は計4時間、その間私は一度も席を立たず、座りっぱなしでしたよ

DSC06250 - コピー - コピー
(結果は 14:6)

そして、この試合には、もう一つのドラマがありました
渡辺直人選手の引退記者会見が試合前に行われていたのです

直人選手は「松阪世代」、1番遊撃手として楽天創生期を支えた一人です

その直人選手が、横浜にトレードされたとき
嶋・鉄平・草野選手が記者団の前でもはばからず、号泣したのは忘れられません
それほど、選手たちに慕われていたのです

彼が敵チームの一員として楽天スタジアムに来たときには
楽天ファンは、暖かい拍手と声援を送ったものです

横浜~西武と渡り歩き、そこでも慕われていたそうですが
3年前、戦力外となり楽天にコーチ兼任で戻ってきていたのです

DSC06289 - コピー

西武で二遊間を組んでいた浅村選手は
直人選手を兄のように慕って、移籍してきたと言われています

野球は、筋書きのないドラマだと言われますが
その浅村選手が先制の2ランを放ち、花道を飾るかのように
低調だった打線が猛打ショーを繰り広げました


もう一つ、特筆すべきは、ロッテから移籍してきた鈴木大地選手です
(楽天ライオンズ・楽天マリーンズと揶揄されそうですが・・・)

DSC06242 - コピー

高打率でもバントをいとわず、チームプレーに徹する大地選手
この日は一塁を守っていました

投手がピンチになると、マウンドに駆け寄っては声を掛け
「守るぞ、守るぞ」と大声で鼓舞していました

一塁側内野席だったので、目の前でその姿を見、その声を聞き、本当に感動しました

何度生まれ変われば、直人選手や大地選手のような人になれるのかしら





もっと語りたい!
抑えて⤵  抑えて⤵


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| 宮城紀行 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・宮城の「道の駅」を2つ

「あ・ら・伊達な駅」から108号線を東に戻り、古川ICを越えてすぐ
昨年開業したばかりの 「道の駅おおさき」 に行きました

DSC05454 - コピー

「ささ結ラガー」 は、この道の駅限定品で
ササニシキの新品種「ささ結」というお米を使ったビールだそうです

DSC05444 - コピー

一本800円なので、試しに一本だけ購入してきました


目的のお米がありました
県北産の 「つや姫」

DSC05450 - コピー

や、やす~い! これまで産直巡りした中で一番安かった~

「つや姫」は山形のブランド米ですが
宮城県北「大崎耕土」産も特Aランクで美味しいのです
我が家では8分付きでいただいています

DSC05457 - コピー

店内から出てきたカズに、大喜びで飛びつくルル

DSC05458 - コピー



この日、一日で3軒の道の駅をはしごした最後は
「道の駅おおさき」から、一般道を南下すること30分余り
昨年リニューアルした 「道の駅 大郷 おおさと

DSC05469 - コピー

ここは、我が家から石巻方面へ行くのには時間的に近い道筋にあり
よく立ち寄っていましたが、リニューアルしてからは初めて来ました

産直品や物産品がたくさん、なんとトラックの荷台にも置かれていますよ

DSC05472 - コピー

ここで、宮城産の玄米ブランド「金のいぶき」をget
DSC05468 - コピー

胚芽が大きいので、GABA含有率が一般の玄米の3倍
炊飯器の白米モードでもふっくら炊けるというのが売りです


特産のモロヘイヤの加工品
DSC05477 - コピー

「みどり会」の“ずんだ餡”は美味しくて必ず買います
DSC05478 - コピー

仙台発祥といわれる 「冷やし中華」も
DSC05479 - コピー


沖縄との姉妹駅の関係で、沖縄の物産コーナーもありました

DSC05485 - コピー

カズは大好物の「豆腐よう」と「沖縄もずく」をgetして大満足

DSC05490 - コピー

「豆腐よう」は豆腐を発酵させたもので、しょっぱいチーズか塩ウニのような味
汁は、イカの腑入りの塩辛のような

DSC05502 - コピー

中国の黄龍・九塞溝に旅行した時、ホテルのバイキングで出ていた「腐乳(フゥールゥ)」
日本で同じものが探せなくて、沖縄の「豆腐よう」が「腐乳」をルーツとしたものだそうで近い味
かなり癖があるので好き嫌いはあると思いますが
お酒のあてに、やみつきになる味です

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

| 宮城紀行 | 04:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本一の「道の駅」は宮城にあります

「“じゃらん”全国道の駅グランプリ2020」のアンケートの結果

宮城県大崎市にある
「あ・ら・伊達な道の駅」
初代グランプリに輝きました

先日、ある目的があり行ってきました

我が家から、東北道(宮城IC→古川IC)→108号線で、1時間ほど
108号線は、鳴子・鬼首から山形・秋田に続いている道なので
通るたびにこの道の駅には立ち寄っていました

DSC05381 - コピー
DSC05385 - コピー

先ず、ルルと周辺を散歩

外のコンテナ出店の中に
「なるこりん」という、野菜ジェラートのお店があります

DSC05400 - コピー

全国ジェラートマエストロコンテストで優勝したお店だそうです

12種類の野菜ジェラートが並んでいて
リンゴとセロリ、フルーツトマトのダブル(¥600)を注文しました

DSC05401 - コピー

ルっちゃん、お目目キラキラ✨

DSC05406 - コピー
DSC05407 - コピー


ここは、合併する前は岩出山町といって
伊達政宗が仙台に入る前に、城を構えていた所

岩出山城の第10代当主・伊達邦直は、戊辰戦争の後
北海道当別町に開拓に入り、当別町とは姉妹都市になっています

ちなみに北海道伊達市
邦直の実弟、県南の亘理藩当主・伊達邦成が開拓した所です

<ブログ内参照記事>
当別町の亜麻祭り
北海道伊達市vol.1仙台藩の侍たちの「北の零年」
北海道伊達市vol.2道の駅「だて歴史の杜」


この当別町との姉妹都市の縁で
道の駅で唯一、北海道の“ROYSE"の直営店があることでも知られています

DSC05426 - コピー

外には、ソフトクリーム売り場も
DSC05411 - コピー


また岩出山は、全国屈指のバルーンフェスティバルが開催されています
敷地内では、バルーンの体験搭乗ができるようですね

DSC05393 - コピー
DSC05391 - コピー


ルルとひとしきり散歩した後、車でお留守番してもらって
道の駅の建物内に、3つある入り口の“東門”から入りました
(営業時間は短くなっていたので、要注意)
DSC05384 - コピー

このレストランは、カレー(ライス)のカレーバイキングが有名でしたが
コロナ禍でバイキングは休止中
(現在レストラン内では食事ができて、お持ち帰りもありました)

DSC05431 - コピー

中のほうに進むと、餅・おにぎり、おこわ・・・
特産品やおみやげがたくさん並んでいます

DSC05432 - コピー


奥に行くと、産直の野菜や農産品など

DSC05414 - コピー

我が家で手作りしている熊笹やドクダミの乾燥品や黒ニンニクもありましたよ

DSC05419 - コピー
DSC05422 - コピー

昼食にお弁当を買って、外でルルも一緒にいただきました

DSC05446 - コピー

ここのパンもおいしい
翌朝食用にと買い求めましたが、その日のうちに食べちゃいました~

DSC05417 - コピー


中央のスパイラルホール横のスロープを登っていくと、屋上展望台にも出られます

DSC05443 - コピー
DSC05442 - コピー
DSC05439 - コピー


ところで、この道の駅に来た目的は お米!

お目当てのお米屋さんは、一番奥にあります

DSC05413 - コピー

ナント完売しているブランド米もあり、新米待ちだそうです

目的のお米がなく、お米を求めて次の道の駅を目指すことに・・・(続く)


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

| 宮城紀行 | 15:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

登米点景① 隈研吾「杉とスレート」へのこだわり

建築家の 隈研吾 さんは、能楽堂 「森舞台」 を設計した縁で
「とめふるさと大使」 を務めています

その隈さんが設計した新施設が、去る9月8日、開館しました

DSC02801 - コピー

「登米(とよま)懐古館」
登米伊達家に関連する文化財を収蔵展示しています

DSC02797 - コピー

杉材や天然スレート(玄昌石)など、地元産の材料をふんだんに使っています

DSC02811 - コピー


隈さんの設計した 「森舞台」 は1996年日本建築学会賞を受賞し
その後の飛躍につながったことは、前のブログで記しましたが

初めての「薪能」☆隈健吾「森舞台」in登米

いまや “飛ぶ鳥落とす勢い” 全国を歩くと、隈さんが設計した建物によく出会います

隈さんにとって、 「森舞台」
“コンクリート全盛の時代に木造建築の良さを気付かせてくれた” のだそうです

東京オリンピックの 「新国立競技場」 には
全国47都道府県の杉が使われるということですが
震災の被災地の宮城の杉は、目立つ場所に設置する、と話されています


「登米懐古館」の屋根は、天然スレート(登米産 玄昌石)
間に、草が植えられているのが斬新ですね

DSC02817 - コピー

以前、津波に流されながらも 「新東京駅」 の屋根を飾った
お隣 石巻市 雄勝 町のスレートのことを記しましたが

新東京駅の屋根瓦は津波を被っていた

ここ登米もスレートの産地で、東京駅にも運ばれて屋根瓦になっているそうです

懐古館の敷石にも使われていて

DSC02812 - コピー

縦に埋めこんだ模様の配置が現代的ですね

DSC02795 - コピー

懐古館の塀には、子どもたちがスレートに書いたメッセージが飾られていました

DSC02823 - コピー 
DSC02822 - コピー


懐古館の庭続きには、茅葺き屋根の 「春蘭亭」 が見えます

DSC02824 - コピー

200年以上前の武家屋敷で、春蘭茶や抹茶がいただけるカフェです

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 宮城紀行 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮城・登米「隠れキリシタンの里」を訪ねて

この野外彫刻は、前々出のブログで紹介した
登米出身でフランス在住の現代アーティスト 佐藤達 さんの作品です

DSC05822 - コピー


周りが原っぱだったので、ルルを放しました
DSC05821 - コピー 
DSC05818 - コピー DSC05819 - コピー


「林界の星」という題の彫刻は、この地で殉教したキリシタンへのオマージュだそうです

DSC05809 - コピー

DSC05816 - コピー DSC05817 - コピー
DSC05808 - コピー DSC05814 - コピー

この地域には、幕府の禁教令を逃れ、隠れていたキリシタンの里がありましたが
江戸中期になってから知られて、東北最後の殉教地となったのです

DSC05806 - コピー

DSC05806 - コピー (2)


隠れキリシタンの遺物を保管しているという教会を訪れましたが、閉まっていました
DSC05800 - コピー DSC05799 - コピー


ウロウロしているうちに北上して、いつのまにか岩手の一関に入ってしまい
りんご農園で、りんごを買って帰りました
DSC05803 - コピー - コピー DSC05805 - コピー

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 宮城紀行 | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT