ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャンシャン(香香)もいるよ♪「案山子アート」と「田んぼアート」

たま~に通る郊外の道沿いに、今年も出現してました

アート?な 案山子 (かかし)

交通安全を願ったもので、地元の幼稚園から小・中学校、町内会の方々による手作り

時代を反映しています

DSC01129 - コピー
今年生まれた、上野動物園のパンダの赤ちゃん
昨日、シャンシャン(香香)と命名されましたね
(応募で最も多かったのがルンルンだったとかー
私は、ルルにちなんでルンルン一押しだったんだけど
シャンシャン(香香)もいい名前ですね)

DSC01130 - コピー
ブルゾンちえみ?

DSC01142 - コピー 
DSC01139 - コピー 
DSC01137 - コピー DSC01138 - コピー
DSC01133 - コピー DSC01135 - コピー


こちらは別方向の郊外、山形方面へ向かう道路沿い

DSC01150 - コピー DSC01149 - コピー

駐車場と観覧のためのやぐらが用意されていました

実りの秋を迎えて、色合いも深く、そろそろ刈り時ですね
DSC01157 - コピー 

パネルで、これまでの取り組みの経過が展示されていました

DSC01151 - コピー

DSC01166 - コピー (2)
DSC01167 - コピー
DSC01165 - コピー
DSC01153 - コピー


隣接するショッピングモールが本来の目的でした

DSC01170 - コピー 
DSC01171 - コピー

ベルギーの屋根のない美術館と称されるブルージュの町並みを模した建物です

いいね

にほんブログ村



スポンサーサイト

| 宮城紀行 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「みちのく真田弁当」東北の真田家ゆかりの地

街に出たついでに、仙台駅に寄ってget してきました
何をかというと・・・駅弁です

大河ドラマの威力は凄~い!
その駅弁の名は 「みちのく真田弁当~幸村の思い~」

DSC02928 - コピー DSC02949 - コピー

中味は、旗印の“六文銭”を連想させる六つの仕切りに
みちのく東北の3市町の食材や味が詰め込まれています

DSC02953 - コピー

この3市町がなぜ真田家ゆかりかというとー
NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田幸村(信繁)の子どもたちが
戦火を逃れて生き延び、住み着いた所なのです


宮城県白石市
幸村の4人の娘と次男が暮らした、片倉藩白石城 がある所です
政宗の家臣片倉小十郎は、幸村との生前の約束を守り、子どもたちを匿ったのです
後に上の娘 阿梅 は、小十郎の後室になりました


宮城県蔵王町
その次男が真田家を再興した地
白石城で成長した次男の大八は、伊達家の家臣に採りたてられ
仙台と白石の中間にある蔵王町に領地を拝領したのです


3つ目の秋田県由利本荘市
幸村は、豊臣秀次の娘も妻にしていて
その女性との間には(でん) という娘と、お腹には三男となる子を宿していました
田は、徳川の人質となり大奥に仕えた後に
由利本荘市の亀田藩城主・岩城宣隆に見初められ嫁いできたのです
田は、真田家の菩提寺を建て、京に逃れていた母と弟にも再会することができました
三男(幸信)は亀田藩の家臣に登用され、遠く秋田でも真田家が再興しました


埋もれていた歴史にスポットライトが浴び、今3市町は大盛り上がりです
幸村という武将は、敵にも一目置かれるほど魅力的な人物だったことがわかります

ブロク内の関連記事
真田幸村の次男は仙台藩士になっていた


仙台駅には、北海道新幹線にちなんだ駅弁もたくさんありました。

車両の形をしたお弁当箱
DSC02900 - コピー

なつかしい函館の夜景をイメージした、海鮮ちらし弁当など
DSC02910 - コピー

それと、可愛くてつい買ってきた駅弁
DSC02929 - コピー  
DSC02937 - コピー

仙台市のキャラクター“むすび丸” と、蔵王町の“ざおうさま”
ゆるキャラの中では、大人っぽくて、私はかくれファンなのです

<伊達藩関連のブロク内記事>
●宇和島伊達藩と仙台伊達藩
●北海道伊達市vol.1
●北海道伊達市vol.2
●「桃山天下一」と「名護屋城」と伊達政宗

| 宮城紀行 | 06:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復興願う“水仙の不死鳥”「みちのく杜の湖畔公園」

東北唯一の国立公園 「みちのく杜の湖畔公園」 の一隅。

花譜 はなふ Project 
Harmony with Nature for the Future

東日本復興に向けたメッセージとして、2011年11月、2万球の水仙でフェニックス(不死鳥)の地上絵を描いて4年目の春。
CIMG6811 - コピー

“ナスカの地上絵” のような(上は看板の写真)、フェニックスが見られると思って来ましたがー
時少し遅かりし、水仙はほぼ花を落とし、以前はあったという高台も取り払われていました。

CIMG6799 - コピー
“地上絵” を地上から見たー

CIMG6797 - コピー
この辺が鳥の頭でしょうか。

広大な公園の片隅、ここまで訪れる人もまばら。
周囲に人がいないので、カズがリードを持つ手を離すと、ルルちょっとだけ駆けました。

CIMG6791 - コピー
ルルよ、“不死犬” になって跳べ!

CIMG6793 - コピー
・・・・・・シャッターチャンス、逃しちゃった。。。

広げた羽に当たるところは、まだ花が残っていました。
CIMG6807 - コピー
ピョーン!

CIMG6808 - コピー
ポ~ン!

この公園は仙台市の隣町、川崎町にあり、我が家から車で30分のところなので何度も訪れています。
花々が咲き揃ってきていましたが、今回はさらーと流してー

CIMG6836 - コピー - コピー (2)

CIMG6820 - コピー CIMG6824 - コピー

東北各地の民家を移築した「ふるさと村」の入口に、巨大な“わら人形”が出現していました。
秋田県湯沢市から来た、わらで作った道祖神 「鹿島様 かしまさま
村の入口に立ちはだかって、災いや病気の侵入を防ぐという。
CIMG6815 - コピー - コピー CIMG6787 - コピー

クリスマスローズは、がくが花のように見え、長く楽しめますね。
CIMG6826 - コピー

この後、川崎町内のラーメン屋さんでカズ大好物の“辛味噌ラーメン”を食べ、産直の店で朝採り野菜を買って家路に着きました。

| 宮城紀行 | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮城県白石川堤「一目千本桜」&大福手作りしました~♪

山陰旅行記の続きはちょっとお休み、今日はリアルタイムの記事です。

宮城県内、屈指の桜の名所 「一目千本桜」
白石川の堤防沿いに続く、総長 8km 1200本桜並木 です。

P4132580 - コピー

実は、私、県内に生まれ育ちながら、この桜並木の道を歩いたことがありませんでした。
人出が多過ぎて、堤防沿いに車を止めて、ちらっと見て来たことがあるだけなのです。

今回は何度も足を運んだことがある人のご案内で、東北本線「船岡」駅から「大河原」駅まで白石川沿い3.5km “桜の回廊” を歩いてきました。

P4132655 - コピー

週末を避けて平日に訪れましたが、あいにくの曇り空。
晴れていれば、雪を被った 蔵王連峰 が 桜並木の青空に浮かんで見えるのです。

三分の一が樹齢八十年以上の古木だそうで、土手側に枝を降ろしています。

P4132714 - コピー

P4132640 - コピー

P4132702 - コピー

くもりの日はくもりの日で、花がふんわりあたたかい。
P4132633 - コピー P4132601 - コピー (2)

レンギョウやスイセンとのコントラストも絵になります。
P4132669 - コピー

P4132695 - コピー P4132685 - コピー

晴れていれば、ここからの残雪の蔵王連峰が、ビューポイントとか。
P4132675 - コピー


青空と蔵王が見られなかったのはかなり残念ですが、それを補って余りあるのが、美味しい食事と楽しい語らい。

船岡にある、自家焙煎のカフェへ。
CIMG6767 - コピー CIMG6769 - コピー

ランチメニューは2種類しかなく、「スリランカカレーセット」をいただきましたが、ココナッツミルクが入ったタイのレッドカレー風でとても美味しかったです。

             食後は、別腹のケーキで、再びお花見気分。
         CIMG6781 - コピー
CIMG6778 - コピー CIMG6779 - コピー

帰りに、自家焙煎のコーヒー豆と、珍しい蜂蜜があったので買ってきました。
CIMG6772 - コピー CIMG6783 - コピー
コーヒー、オレンジ、ブルーベリーなどの中からブルーベリーの蜂蜜を・・・花から蜜を取るので、実の味はしません。


今回、友人たちへの手土産にと、大福を作りました。
ルルの姉妹、エルザちゃんのブログ「花とわんわんわんこ」に触発されて、トライ!
(エルザ家は、いちご狩りの後、大きな “いちご大福” を作っていました)

大福は以前作ったことがあるので、レシピを探してみたら見つかりました。

白玉粉(+上新粉)を水で溶き、レンチンして牛皮の出来上がり、カンタ~ン(^_^)
CIMG6736 - コピー CIMG6742 - コピー

黒豆大福
CIMG6744.jpg CIMG6743 - コピー
餡子も黒豆も市販品でラクチ~ン(^o^) 、丸めるのをカズに手伝わせましたぁ(^_-)

いちご大福
CIMG6747 - コピー CIMG6750 - コピー

           出来上がった大福をラップにくるんで、ルルと記録撮影。
     P4132564 - コピー

   この後ルーちゃん、大好物の“いちごのヨーグルトあえ”をもらって、大喜びでした~♪

| 宮城紀行 | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北一のノッポビルでランチ~♪

東北で一番高いビルは、仙台駅から歩いて10分ほど、ウエスティンホテル が入る 仙台トラストタワー ( 37 階 )です。

ここの最上階37Fにある日本料理店に、遠来の客、N子さんをお連れする予定でした。
しかし、5日前に予約を入れたところ、ナントしばらく満席とのこと。
(26Fのフランス料理店は空きがあったので今回はそちらへ。次は着物で行こうネ)

ビルに着いて、地下の駐車場から3つのエレベーターを乗り継いで、最上階に昇ってみました。

CIMG5973 - コピー  CIMG5962 - コピー
(日本料理店の入口)

37Fの西側に窓が切られたフロアー。

CIMG5965 - コピー (2)

遠くに太平洋、正面には我が家のある青葉山が見えます。

CIMG5967 - コピー

CIMG5970 - コピー (2) CIMG5968 - コピー (2)


26Fに降りて、フランス料理のレストランへ。
東と北の2方向に大きな窓が開かれていて、広々としています。

CIMG5945 - コピー (2)

仙台駅も下に小さく見えます。

CIMG5944 - コピー (2)

ランチは、スープとオードブルがビュッフェ式、メイン2種とデザート、飲み物は席にお運びというコースにしました。

CIMG5943 - コピー (2)

白ワインとノンアルコールのカクテルで乾杯!

CIMG5948 - コピー (2)

オードブルは10数種類、どれも凝った料理で美味しく、、これだけでお腹いっぱいになってしまいました。

2種のメインとデザート。

CIMG5954 - コピー - コピー CIMG5955 - コピー
CIMG5959 - コピー

天空のレストランで、歓談するカズとN子さん。

CIMG5947 - コピー (2)


外から見たタワービル。

1415238571101 - コピー 1415319988347 - コピー


ついでにUP、こちらは以前ランチした、2Fにある 三陸牡蠣 と 牛たん のお店。

1415319991504 - コピー
1415319992534 - コピー1415319993055 - コピー (2)

ランチは牛たん焼に牡蠣フライとまあ普通でしたが、コーヒーがセルフだったので、タワービルのエントランスの木々を眺めながら、長居してしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| 宮城紀行 | 15:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT