ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

水芭蕉と湧き水紀行

4ℓの空ペットボトル10本を車に積んで、郊外の泉ヶ岳中腹へ向かいました。

途中、水場の少し前に水芭蕉の群生地があります。
数年ぶりに訪れましたが、きれいに整備されていて、小規模ながら木道で一周できました。
小ぶりな水芭蕉の貴婦人たちが佇んでいます。

P5011588 - コピー


P5011583 - コピー


P5011585 - コピー


白いところは花ではなく、(葉)。
仏像の光背のような形なので仏炎苞と言われるそうです。

水芭蕉
             水芭蕉15
 

少し上に水場があります。

P5011569 - コピー


P5011574 - コピー


新緑にはまだ早いけれど、熊除けの鈴を鳴らしながら登っていく人たちと次々に会います。
晴れていれば市街を一望できるのですが、あいにくの曇り空で寒い一日でした。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 湧き水紀行 | 06:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早春の湧き水紀行

春まだ浅い一日、蔵王山麓、白石川上流の景勝地「材木岩」へ。
ミニ層雲峡の趣きを呈していた材木岩は、35年前の宮城県沖地震で崩れ、そして今回の震災でも多くの岩が落ちてしまいました。

CIMG5295 - コピー

CIMG5296 - コピー


CIMG5300 - コピー CIMG5319 - コピー
白っぽい部分が今回崩れたところ、川の中央の岩は地震で落ちた石。

CIMG5303 - コピー


材木岩の対岸の崖下から、湧き水がチョロチョロ出ています。
近年の水質調査で飲用には煮沸が必要とのことになりましたが、ここの水で入れたお茶が一番美味しいと今も汲みに来る人がいるそうです。
CIMG5320 - コピー

奥で水を汲むカズを待つルル。
CIMG5321 - コピー

CIMG5323 - コピー

CIMG5338 - コピー

CIMG5332 - コピー


もう一つの目的は、この時期しかいただけない寒晒しそば。
蔵王山麓で栽培された玄そばを、大寒の日に冷たい川に浸けて立春の日に引き揚げ、更に寒風に晒したという期間限定の希少品です。

CIMG5308 - コピーCIMG5307 - コピー
手打ちの寒晒しそば(二八)にふきのとうとタラの芽の天ぷら&そばはっと汁が付いたセット、右はサブメニューの「そばがき」

「材木岩」の対岸にあるそば屋さんでいただきました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 湧き水紀行 | 09:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真冬の湧き水紀行

真冬の湧き水ハンティングは、我が家から北へ30km、船形山の麓へ。

途中、七ツ森の山々も寒々と      路面もつるつる
CIMG4397 - コピー CIMG4383 - コピー

風早峠の水」に着きました。
CIMG4386 - コピー

勢いよく水が溢れ出ています。
ここの水はまろやかながらキレと深みがあり、かなり美味しいです。
CIMG4390.jpg

この辺は積雪が1mはあるでしょうか。
CIMG4409.jpg


近くには陸上自衛隊の演習場があります。
CIMG4394 - コピー CIMG4395 - コピー
Firing Underway. この雪の中で訓練しているのでしょうか。


南川ダムの湖面も凍てついて    ダムのほとりにある産直市場へ
CIMG4404 - コピー CIMG4398 - コピー

中では地元の人たちが囲炉裏に炭をおこして、お餅やジャンボ椎茸を焼いて、美味しい漬物とお茶で振る舞ってくれていました。
CIMG4399 - コピー

地場産野菜も100~120円と安値
CIMG4407 - コピーまた囲炉裏でほっこりしに行きたいな♪


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 湧き水紀行 | 06:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の湧き水紀行

我が家から1時間ちょっと、秋保温泉を抜けて山形との県境「塩尻峠」の水場まで行ってきました。

道すがら虹がー

CIMG3703.jpg

CIMG3699.jpg



途中の「白岩

CIMG3626.jpg


名勝「盤司

CIMG3665.jpg

たそがれの晩秋の趣きです。

CIMG3668.jpg

ここももうじき雪に閉ざされます。


「盤司」から奥に入ったところにある大きな岩山の裾から伏流水が出ています。

CIMG3672.jpg

CIMG3674.jpg

地元のそば屋さんも汲みに来ているそうですが、それにしても自宅を改装したような手打ちそば屋さんをちょこちょこ見かけるようになりましたね。

帰りは知り合いの農家に寄り、新米と採りたてのお野菜を分けてもらってきました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 湧き水紀行 | 20:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湧き水紀行

何を隠そうカズとユウは知る人ぞ知る「湧き水ハンター」なんだよ。
おいしい水を求めて山形県や秋田県まで足を伸ばすこともあるんだ。
アルコール類の水割りはもとより、ご飯やお茶も断然味が良くなるんだって。

今日は家から車で40分、一番近くておいしい水場へ。
蔵王連峰の麓にあるその名も「水神社」

CIMG0548.jpg

ここの湧き水は年中通して17℃。
夏は冷たく、冬は湯気が立っているように見えるんだって。
水質検査もパスしており、近所の人たちも長年この水を引いて自家用にしているから安心。
仙台の料理屋や蕎麦屋さんも汲みに来ているという話です。

CIMG0546.jpg CIMG1604.jpg


「水神社」は神聖な場所なので、ボクは駐車スペースの脇で待機。

CIMG1602.jpg


帰りは楽しみな蔵王町の産直市場へ。

CIMG1610.jpg

梨の大試食会が行われていてボクも一片いただき! おいしいワン!

CIMG1608.jpg

「ウチの犬も梨、大好きなんですよ」と声をかけてきた通りすがりのおばちゃん・・・ ボク、「雑種ですか?」なんて言われちゃったよ。


もう一か所。
蔵を模した建物、「道の駅 村田」
村田町にはその昔、紅花の商いで財を成した蔵の町並みが残っています。

CIMG1612.jpg CIMG1669.jpg

特産品は「そらまめ」
数あるそらまめ加工品の中から、今回はそらまめを練り込んだ米粉麺を買いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

姉妹たちのブログを見て、病院に行って相談した結果、ルルも18日に手術することになりました。
やはりルルにはいつも気分よく、病気のリスクを避けた生活を送ってほしいと思いました。
モカちゃん、テラちゃん、頑張ったね。
ルルとエルザちゃんも続くよ。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 湧き水紀行 | 19:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |