ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

米山S.Aとサバサンド

戸隠からの帰り。
「米山(よねやま)さんから雲が出た・・・」の三階節で知られる新潟県柏崎の米山。
ここはO氏のルーツの一つ。北陸道米山サービスエリア沿いの海で子供の頃泳いだこともあるそうです。

CIMG1008.jpg CIMG1009.jpg
「米山さん」と日本海。

ところで下りの米山S.Aには日本で唯一「サバサンド」のメニューがあるのです。
サバサンドといえば、「トルコ」。
O夫妻は7月初めに2度目のトルコ旅行から帰って来たばかり。
今回は15日間かけて東側の世界遺産「ネムルトダーゥ」まで足を伸ばしたとか。
でもサバサンドはいただく機会がなかったそうです。

ここのサバサンドはどんなものでしょうか。
CIMG1010.jpg
ロールパンに衣を付けて揚げたサバをレタスや玉ネギと一緒にはさんでありました。

思い起こせば18年前、カズとユウの13日間のトルコ旅行。
帰国前日のイスタンブールでのフリータイム、オリエンタルな夕日を浴びながら、ボスボラス海峡沿いの川べりを歩いていました。
何艘もの小舟が岸壁に張り付き、鉄板で大量にサバを素揚げしていました。
「本場」のサバサンドはそのサバをフレンチバケットにはさんだだけというシンプルなものでした。(当時)

サバサンドをかじりながら、ガラタ橋を渡って対岸のアジア側へ。
あっという間に暗くなって川原で道を失ってしまい、「スイカ事件」が起きたのです。
小舟の明かりを見つけて恐る恐る近づくと、数人の漁師さんのような人たちがスイカを割っているところでした。

ここは異国、言葉は通じない。

その後のことですが、和やかにスイカをごちそうになり、この先は行き止まりだからとわざわざ大通りまで送っていただいたのです。
トルコは親日の国なのですね。
それにしても若かりし頃は怖いもの知らずでした。

ルル、Pの隅っこで。
CIMG0881.jpg

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 長野紀行 | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「戸隠」探訪

「戸隠山」1904mの険しい山
CIMG0961.jpg

O夫妻おまかせのミステリーツアー。
お二人の全力で、私たちによいものを見せてあげようという気持ちが伝わってきます。

二日目はキャンプ場から、「ささやきの小径」を抜けて「戸隠古道」へ。
CIMG0950.jpg CIMG0949.jpg

カラマツやトチノキの林の中、夏の山野草を楽しみながら歩きました。
CIMG1005.jpg CIMG0946.jpg

ルルも途中の小川で水分を補給しながらがんばったよ。
CIMG0944.jpg

1時間ほどで「随身門」の脇に出ました。
ペット進入禁止の看板で、ルルとユウはここでお留守番。
CIMG0963.jpg CIMG0952.jpg

3人は樹齢四百年の杉並木を抜けて、「戸隠神社奥社」へ。
CIMG0958.jpg
戸隠連峰を映した、文字通り「鏡池」
CIMG0977.jpg

帰りはせせらぎの音を聞きながら「さかさ川遊歩道」を通ってキャンプ場に戻りました。

以下は、食べることに夢中だったので写真はありません。
「戸隠そば」・・一束を一ぽちと呼び、五ぽちが並盛で竹細工のお皿に乗っていました。そば粉の香りが上品。
「おやき」・・・美味しいおやきを求めて「鬼無里」(きなさ)という変わった地名の町へ。皮がパン生地のようなおやき。

夕方は、戸隠神社中社の近くにある「神告げ温泉」で高原の林を眺めながら、リフレッシュしました。

近年パワースポットブームですが、昔から自然の中に八百万(やおよろず)の神を感じ取ってきた日本人。
戸隠、鬼無里、神告げ温泉などの地名からもうかがえるように、古来より霊場だった戸隠の山と森には、幽界との境があいまいになるような世界があるのでしょう。

 
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 長野紀行 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

共通点は「辰年」生まれ

「戸隠キャンプ場」
CIMG0927.jpg
キャンプ用品一式と食材はO家が用意してくれました。
CIMG0918.jpg CIMG0919.jpg
1日目の夕食は炭を熾して、バーベキュー。食材も豪華!

O氏とS夫人、カズとユウは19*2年辰年生まれの*歴4人組。
一還りして二還り目へ。
これからまた倍生きなきゃならないの、難儀なことだワ。

生まれた年のワインで乾杯!
CIMG0922.jpg
カズの誕生日にユウがプレゼントしていたポルトの甘いワイン、この夜開けました。ポルトガル旅行の思い出話もはずみます。

ボクを仲間外れにしないで!
CIMG0990.jpg 
ボクとの共通点あるよ。
今年は辰年! ね。
もう一度、乾杯!
辰年生まれだったナナお姉ちゃんにも乾杯!

2日目の夕食は、前夜のバーベキューの残りも入れて煮込んだキムチ鍋。
いろんな味が混じり合って抜群に美味しい闇鍋になりました。
CIMG0984.jpg CIMG0986.jpg
右はO氏が調達してきた地元酒屋さんお薦めの5年連続日本一の称号が付いた品のよい香りと味の「蕎麦焼酎」。

夜空を仰ぐと、満天の星空がここの大地と私たちを包んでいました。
標高1,000m、一つ一つの星が、「わたすげ」のように白くて大きい。
北斗七星、天の川を隔てたベガとアルタイル・・・。
夏の夜空の広大なスクリーンは、星々の物語へといざないました。


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 長野紀行 | 13:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルル“初”紀行

カズの元同僚のO夫妻は現役中から愛犬を連れ、北海道や信州へのキャンパー生活を楽しんでいました。
カズとユウはお二人に感化されて、ボク、ルルが今ここにこうしているという訳です。
リタイアーしたら、連れ立って旅に出ようという約束が今回実現しました。
残念ながらO家のミニチュアダックスフンド母娘は15才と13才で虹の橋に旅立っていましたが、快く旅のご指南をしていただいたのです。
奇遇なことに、O氏が幼少のころ飼っていたワンちゃんの名がルルだったこと、初めて知りました。

当初は青森方面の予定でしたが、北は雨が続く予報。
急きょ前日に変更し、お二人お薦めの場所へ。
行き先は、長野県「戸隠」。

東北道→磐越道→北陸道→上信越道信濃町IC→「戸隠キャンプ場」へ。

CIMG0934.jpg
牧場もある大きなキャンプ場。

CIMG0926.jpg
左、我がデカボ号(愛称)、右がO号。2泊しました。

CIMG0936.jpg
“初”ドッグランも・・・。
ほかにワンちゃんがいなくて、クンクンして終わり。

CIMG1000.jpg
川遊び用の浅瀬。

CIMG1002.jpg
“初”泳ぎとまではいきませんでした。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 長野紀行 | 01:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |