ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

奥の細道「象潟」と「松島」

松尾芭蕉「奥の細道」最北の地、象潟。
芭蕉が訪れたのは1689年、東の「松島」に比して西の「象潟」と並び称されていました。
当時の象潟は、紀元前の鳥海山の噴火による土砂に堰き止められて出来た潟湖に、小島が浮かんでいて「九十九島」とも言われ、舟で行き来していたのだそうです。


郷土資料館で特別展「おくのほそ道 松島と象潟」が開催されていて、当時の景観が描かれた屏風や掛け軸を観ることが出来ました。

CIMG2123.jpg

CIMG2112.jpg

その後象潟は1804年の大地震(M7.1)で2m隆起し、陸地になってしまいました。 
現在も「九十九島」のおもかげを残すいくつもの小山が田んぼの稲穂の波間に点在して、「陸の松島」と呼ばれています。 


芭蕉も訪れたという蚶満(かんまん)寺に行きました。

そこに当時の舟着き場の跡と舟つなぎ石が残っていました。

CIMG2151.jpg

西行法師もここで歌を詠んでいます。
「きさかたの桜は波にうづもれて花の上漕ぐ海士もつり舟」

CIMG2152.jpg CIMG2154.jpg

芭蕉の句「象潟や雨に西施がねぶの花」
芭蕉さんの気持ちはわかりませんが、松島と比べて日本海のこの地はもの悲しく映り、憂いに沈む中国四大美人のひとり西施(せいし)さんに重ね合わせて詠んだと言われています。

蚶満寺になぜか芭蕉の木が!
和製バナナと呼ばれていても食べられないそうですが、実を2個付けていました。
CIMG2138.jpg

CIMG2142.jpg CIMG2141.jpg


芭蕉とは別に象潟と松島は夫婦(めおと)町と言われる縁があります。

今から700年も前のこと。
象潟で生まれた紅蓮は、親同士が決めた縁談で松島へ嫁ぎます。
しかし、夫となる人は直前に亡くなっていました。
象潟に戻って新たな幸せを求めるよう勧められますが、紅蓮はとどまり、一度も会ったことのない亡き夫の供養とその両親への孝養に尽くしました。
晩年は尼となり、生活の糧に米の粉で煎餅を焼いていたことから、今でも松島名菓「こうれんせんべい」として残っています。
 
紅蓮の碑も蚶満寺にありました。
CIMG2145.jpg


夫婦町である象潟(現・にかほ市)と松島町は災害協定も結んでおり、先の震災でのいち早い救援と、その後の復興支援も続けているということです。


これで「象潟」探訪はおしまい。


蚶満寺境内にて、ルル。
CIMG2157.jpg


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秋田紀行 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

滝巡りと湧水

美しいすそ野が広がる鳥海山の山懐。

奈曽の滝
古い神社の苔むした石段を登って降りて行ったところにありました。
CIMG2201.jpg


元滝伏流水
元滝は、鳥海山に降った雨雪が地下に滲み込み、伏流水となって岩の間から勢いよく流れ出している滝です。
CIMG2210.jpg

CIMG2218.jpg

CIMG2222.jpg


元滝の近くに湧水を汲めるところがありました。
CIMG2248.jpg

ルル、がむしゃらに飲んでいます。
CIMG2249.jpg

すっごく冷たい! 美味しいね。
CIMG2251.jpg

この水は年間通して7℃前後だそうです。
奥の駐車場から近いので4ℓペットボトル8本分を汲んできました。
CIMG2253.jpg


その駐車場で一台の見覚えのある車が止まっていました。
昨晩、「道の駅 岩城」で見たような・・・
程なく私たちより少し年配のご夫婦が戻ってきて、案の定、車中泊しながら旅をしているとのこと。
今朝は鳥海山の5合目まで車で登り、遠く山形市街まで見渡せたと嬉しそうです。
失敗! 私たちも行けばよかった。
前回来た時、鳥海ブルーラインは霧の中で何も見えなかったのです。

ご夫婦は山梨から来ていて、富士五湖の山中湖にもマリモがあるので見に来てください、と言われました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何に見えますか?

Q1. 何に見えますか?

CIMG2269.jpg

CIMG2277.jpg

. お猿さん、 象さん、 ワンちゃん、・・・・

木の幹のコブがお猿さんのように見えたのでシャッターを押しました。

これらの木は奇形ブナと呼ばれていて、象潟の「獅子が鼻湿原」に在ります。

ブナは本来真っ直ぐに高く伸びていきます。
なぜこういう形になったのでしょう。
昔、炭焼きのためにブナは伐採されたり、枝を切られたりしました。
その傷を癒すためにコブができ、新たに芽を出し枝を伸ばしてきたのです。
形は不恰好でも生命力の強い木々たちです。

樹齢300年の日本一太い「あがりこ大王」と名付けられている奇形ブナ。

PA030141.jpg

あがりこと言われる子どもたちがたくさん立ち上がっています。


まるでモンスターの群れか、はたまた現代野外彫刻展かという趣きの森でした。

PA030146.jpg


Q2.  何に見えますか?

CIMG2279.jpg

. マリモ?

鳥海マリモ」と呼ばれていますが、コケが流水の中で集まって丸くなって出来ているのです。
これらも「獅子が鼻湿原」に在ります。

CIMG2284.jpg


この豊かな清流とブナの森は鳥海山がもたらした恵み。

出つぼ」と言われる伏流水が湧き出ている泉がありました。

PA030148.jpg


「獅子が鼻湿原」はゆっくり巡ると2時間半余りのコースです。
残念なことに木道のため、ワンコ進入禁止。
ルルには涼しくなったので車のクレートの中でお留守番してもらいました。

というわけでルルの出番はちょっぴり。

PA030111.jpg

PA030112.jpg


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 06:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本一の道の駅

「奥の細道」と「湧き水」を訪ねて、秋田県にかほ市の象潟(きさかた)に行って来ました。

ここの道の駅 象潟は平成22年度版の「道の駅~旅案内全国地図」(日本RV協会)という本の付録、道の駅日帰り温泉ハンドブックで、堂々人気ランキング1位に入っていました。
CIMG2300.jpg

4Fに日本海を一望できる展望温泉「眺海の湯」(塩泉)があり、夕陽の絶景ポイントです。
CIMG2195.jpg

松尾芭蕉は「奥の細道」で「象潟や雨に西施のねぶの花」と詠んでいます。

中国四大美人の一人と言われる西施(せいし)像が建つ「ねむの丘公園」
CIMG2107.jpg

芝生は消毒をしているというので入らず、海辺へ降りてみました。
沖では漁をしている船、サーファーたちもいます。
CIMG2065.jpgCIMG2090.jpg
PA020083.jpg

実はこの駅はキャンピングカーを購入してからルルを迎える前にお試しP泊したところ。
その時、展望風呂の湯船に浸かりながら、海に溶けるように入っていく夕陽をばっちり見ていました。

そこで今回はここより40キロ北にある由利本荘市の道の駅 岩城へ向かいました。
この駅にも展望温泉が併設されており、上の表では20位にランクインしています(下から2行目)

道の駅 岩城
CIMG2190.jpg

海が遠浅なので、沖合まで橋を架けて円形の防波堤を築き、その内側に船を係留させている全国でも珍しい工法の「島式漁港」
CIMG2192.jpg

日の入りはルルと一緒に防波堤の突端で見ることにしました。
残念ながら今回は雲がかかり、ばっちりとはいきませんでした。
CIMG2176.jpg

展望温泉「港の湯」に入りました(薄茶色の塩泉、3時間400円)
半露天の岩風呂もあって、平日のためか誰も入っておらず、貸切状態。
残照の日本海、眼下に砂浜、打ち寄せる波を見ながらの至福の時間。

マイランキングでは、眺望の面では防波堤が目に入るところがマイナスなものの、露天風呂があること、泉質が良いこと、休憩スペースも海に面していて広いことなどで、象潟より岩城の方に軍配かな。

道の駅の売店で揃えた夕食。
CIMG2187.jpg
(右上から時計回りに)
貝の炭火焼き各種。
みずの実としょうがの浅漬け。
醤油おこわ(黒砂糖の甘味にくるみが入っている)
地酒(2011年度ホノルルで行われた全米利き酒会で金賞受賞)

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 06:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |