ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日(27日)大雪の日に福島へ日帰り旅

ついているのか、ついていないのか・・・

ナント私は、たまたま応募した“日帰り旅行”に当選しました~♪
福島 「大内宿」 「鶴ヶ城」 「梅の里」 を巡るバスツアー
カズはルルと留守番をしているからというので
一人旅もいいかなと、一人で参加することにしていました

バスツアーは初めてです、ところが、よりによって
この日(昨日の27日)に限って大雪の空模様。。。
(那須と安達太良山で、雪崩による痛ましい事故が起きていたことを帰ってから知りました)


西田町の「梅の里」 雪が降りしきる中、最初に向かった所です
1万本以上もの梅の木があり、残雪の安達太良山を背景に
“西田の桃源郷”とも言われているそうなのですがー


DSC07145 - コピー - コピー - コピー DSC07144 - コピー - コピー - コピー  
DSC07140 - コピー

安達太良山は望めなかったものの
雪と同化した白梅、そして紅梅は雪とのコントラストが思いがけず綺麗でした

DSC07130 - コピー - コピー - コピー  
DSC07133 - コピー - コピー - コピー


次に行った所は、会津若松の 「鶴ヶ城」 (若松城)
大河ドラマ「八重の桜」の舞台になった、赤瓦の城
訪れるのは小学校の修学旅行以来です

DSC07180 - コピー

城は再建されたものですが、お堀や石垣は当時のまま

DSC07150 - コピー - コピー - コピー  
DSC07160 - コピー

雪を被った石垣や桜の古木・・・美しい♪
こんな景色もなかなか観られないかも、と思い始めてきました

DSC07168 - コピー

天守閣まで登りました

DSC07173 - コピー


最後は、南会津の 「大内宿」
江戸時代の宿場の町並みが残っています

DSC07188 - コピー - コピー  
DSC07193 - コピー

福島側から尾瀬に入る道筋にあり、ずっと前に2度ほど立ち寄っています
その頃は、茅葺きをトタン屋根に変えていた家々もありましたが
今はすべて茅葺きの屋根が立ち並んでいます

DSC07194 - コピー

ただ昨日は平日で大雪、ほとんどのお店は閉まっていました

DSC07200 - コピー - コピー

以前この蕎麦屋さんで、名物“高遠そば”を食べたことがあります
一本のネギを箸代わりにして、ネギもかじりながら蕎麦をすするのです

開いていた一軒のお店で、念願の“栃餅 トチモチ もゲットできました
前に来た時、つきたての餅を買ったのに
数日後に帰ったらカビが生えてしまっていて食べそこなっていたのです

DSC07278 - コピー

お土産用に、真空パックになっていました

仙台にもトチノキの並木道があり、秋になると大きな殻に入った実を落とします
食糧難の時に、何度もあく抜きして食べ物にしていたという
その渋味も香ばしいお餅です


実は、前日の夕方、福島の高速道で横転事故があり
大相撲の生放送中に、通行止めのテロップが流れてちょっと不安でした

なんやかんや、無事に帰ってこられて、よかったあ~


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 福島紀行 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜巡りの帰途、二本松へ(福島県三春町vol.3)

駐車場では、数台、キャンピイング・カーを見かけました
奄美ナンバーの軽キャンで来ていた、年配のご夫婦に声を掛けてみました

DSC03016 - コピー

桜前線と共に日本列島を北上しているそうです
どこが印象に残っているかを聞けばよかったなあ、と思っています

(私は東北の近場しか行っていませんが、その中では弘前城のある弘前公園です
散った花びらが、お堀を埋め尽くして、素晴らしかったです)


郡山観光交通が作成したという 平成28年春場所 “枝垂れ桜花番付” というのを見ると

DSC03284 - コピー

三春町には他に、西の大関“浪岡邸の桜”が選ばれています
町役場から歩いてすぐの所なので、見に行きました

城山公園 の坂道を少し登ったところにありました

DSC03042 - コピー DSC03045 - コピー

ここは個人の庭を開放していて、三春藩の第一家老 をしていたお家なのだそうです
世が世なら入れないお宅ですが
この家のおばあさんが縁台を出して気さくにお茶を振る舞っていました

日本の桜は外国人に人気があるそうで、隣国からは50人くらいの団体客が来る時もあるとか

“愛姫行列”のポスターが貼ってありました(ガラスが反射して見づらいけれど)
DSC03099 - コピー

そういえば、伊達政宗の正室は、ここ三春藩から嫁いだ 愛姫 めごひめ です
戦国時代にお姫様として生まれるの大変そうですね
政略結婚をさせられたり、側室もいたりしてー

愛姫 も、側室に長男がいて、跡目相続には心を痛めたようです
結局、長男は宇和島藩に出て、愛姫の子が二代目を継ぎましたけどー

一人娘の 五郎八姫 いろはひめ は、12歳で徳川家康の六男・松平忠輝に嫁ぎましたが
忠輝の失脚と子が出来なかったためか23歳で離縁され、仙台に戻り出家しました


城下町、三春の街中を散策しました

DSC03098 - コピー

三春はお寺が多い町で、必ずのように境内には桜が見られました
DSC03053 - コピー

に地蔵”の取り合わせも結構あり、もう日本昔話の世界
桜の花に包まれて、お地蔵さまもうっとり!
DSC03020 - コピー


帰途は進路をを北上して 二本松市

二本松には道の駅が2か所あり、どちらも平日なのに混んでいて
レストランは行列ができていたので、テラス席で休憩して産直の品などを買ってきました

DSC03102 - コピー DSC03101 - コピー
DSC03107 - コピー DSC03108 - コピー

ここ二本松にも、番付で 大関 の桜があります

“合戦桜” かっせんざくら

DSC03109 - コピー

姿形が良くて、菜の花との取り合わせも美しく、人気のある桜のようですが
駐車場も満杯で人も多かったので、車の中からちらっと写真を撮っただけになりました

お花見は、朝駆けに限ります(我が家では)

| 福島紀行 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玄侑宗久さんの寺「福聚寺」四百年桜(福島県三春町vol.2)

圧巻の“千年の桜”を見て、三春の町の中心地に入りました
役場の周辺は無料駐車場になっており、誘導する人もいて、町内のマップも配っていました

三春町には、芥川賞作家・玄侑宗久 さんが住職をしている 「福聚寺」 (フクジュジ) があります

誘導員の方から、福聚寺の桜は裏山の上から見るのがお薦め、ということで
歴史民俗資料館の裏手の坂道を登って行きました、道すがらも桜が満開

DSC03056 - コピー DSC03071 - コピー

福聚寺が見下ろせるところに来ました

DSC03076 - コピー  

ほのぼのとした美しい景色!

DSC03075 - コピー DSC03078 - コピー

お墓の間を縫うように、お寺まで降りて行きました

DSC03096 - コピー

玄侑さんのお寺、想像していた以上に大きい!
  
DSC03086 - コピー

“福聚寺桜” この看板の後ろに見えます

P1010113 - コピー

滝桜の“娘” で、樹齢 430年 といわれる、紅枝垂れ桜 (ベニシダレザクラ )

DSC03091 - コピー

“三春滝桜” が 横綱 なら、“福聚寺桜” は 大関クラス とか


DSC03093 - コピー


ところで、玄侑さんの奥さまは、石田智子さんという、現代美術作家です
玄侑さんが大阪の大学にいた時、知り合ったそうです

大学で染織を専攻した石田さんは、お寺に嫁ぎ、お供え物の包装紙に注目
忙しい合間にコツコツと、想いを包んだ紙で “こより(紙縒り)” を作り
それらを組み合わせて、立体的に構成した作品を発表しています

私は数年前に、2つの発表作品を観ています

DSC03231 - コピー
「撚りあひて(部分)」 (福島県立美術館「ファイバーアート 糸と布の可能性」1993年

DSC03228 - コピー
「香りの森」 (宮城県大崎市「感覚ミュージアム」常設展示)

写真ではちょっとわかりにくいけれど、大量の“こより” を連ねたインスタレーションで
会場いっぱいに展開していました

三春の桜巡り、まだまだ続きます

| 福島紀行 | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本三大桜「三春滝桜」千年の一本桜(福島県三春町vol.1)

福島県の三春みはるに行ってきました、4月12日のことです
桜の花に煙る、のどかな美しい里でした

三春町から東へ太平洋に向かって、川内村、浪江町、双葉町、大熊町・・・
のどかで美しい里が続いていたはず・・・
住み慣れた土地を追われるとは、なんと残酷なことでしょう

今回、熊本で大地震が起きました
熊本には、旅行で2回訪れています

3.11を経験した身には、とても他人事とは思えません
あの時も、余震と寒さで眠れない夜を過ごしました
ライフラインがストップした中、近所の人に助けてもらったことが一番忘れられません

熊本で大地震が発生する確率は、6%だったとか
日本列島、いつどこで何が起こるかわからないので、皆さまもどうぞお気を付け下さい



えーっと、日本三大桜 とは、“山梨の神代桜” と “岐阜の淡墨桜” と “福島の三春滝桜”

前の二つは遠すぎてピンときませんが、三春の滝桜 は隣の県にあります

我が家から高速道を利用すると、一時間半で行ける所ですが
シーズン中は渋滞して人出も多いので、二の足を踏んでいたのです

一度は見たいと思っていたので、4月12日(火)朝駆けで行ってきました
駐車場が開門する6時に合わせて、朝3時半に起きて4時半出発

6時過ぎに駐車場に到着すると、平日だというのにすでに100台以上の車が入っていました

緩やかな坂を登ると見えてきました

DSC03012 - コピー

三春滝桜
( 紅枝垂れ桜 ベニシダレザクラ

P1010003 - コピー - コピー

樹齢1000年以上と推定される巨木の一本桜

DSC03010 - コピー

紅色のほとばしる滝のようです


DSC03015 - コピー

二、三百人が一本桜を取り巻いていますが
霜で滑って危険ということで、近くへは進入禁止

木の近くまで行って幹の太さなども見たかったけれど
人が入らない写真を撮ることが出来ました

DSC02984 - コピー  
P1010056 - コピー

千年の桜に、人はこんなに小さい

P1010044 - コピー


ぐるりと一周したり、小高い丘に登って見たり

DSC02991 - コピー

ワンコ連れの人たちもいて、ルルは珍しそうに「耳に特徴があるね」って、声を掛けられました
そういえば、ルッちゃんのお耳も、見事にしだれているわよね

DSC03008 - コピー
しだれ耳のルル


三春のあちこちでは、滝桜の子や孫が育っています

中でも、推定樹齢400年といわれる地蔵桜(ほんの少し郡山市に入る)
P1010067 - コピー  
P1010065 - コピー

梅・桃・桜 3つの花が同時に咲くので、名付けられたという三春町
桜色に染まった、のどかで美しい里です


| 福島紀行 | 20:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島県 郡山へ short visit

ちょっと用事があって、福島の郡山市へ行ってきました
我が家から、東北高速道を南下して、一時間半ほど

用事が午前中で終わったので
昼食に、検索していたワンコ同伴OKのお店に向かいました
ネットでは「おぐろ」と紹介されていましたが
看板もなく小さなスナックのような店です

DSC00108 - コピー DSC00173 - コピー

ワンちゃんが2頭、お出迎えです
チワワ君、10歳だそう
奥で寝そべっているのが15歳になるというmixのおばあちゃん犬

DSC00163 - コピー DSC00124 - コピー

お店はカウンターとボックス席が2つ
ソファーに座ろうとしたら
なんとチワワ君、ソファーの真中を陣取って寝てしまいましたよ
ご主人気取りのチワワ君です

DSC00109 - コピー

仕方なく、私たちとルルは向かいのソファーに並んで座ることに

DSC00135 - コピー  
DSC00122 - コピー DSC00128 - コピー

one plateランチを2種類、注文しました
dog menuもあったけどぉ・・・
ルルには別におやつを持って来たので、あとでネ

DSC00129 - コピー  
DSC00151 - コピー (3)  
DSC00152 - コピー (2)

ルルは、ソファーの隅っこ、カズの側で、ずーっとおとなしくしていました

DSC00166 - コピー

チワワご主人にお見送りしていただき、お店を後にしました

DSC00169 - コピー


そのあと、「郡山市立美術館」 を訪れました

DSC00177 - コピー - コピー (2)

石をランダムに敷き詰めた広い庭が印象的
洋風な「枯山水」のようです

DSC00187 - コピー

本当はここのカフェで、ランチタイムを過ごしたかったのですが、ワンコ✕なのです

DSC00201 - コピー


帰る途中、車好きのカズは、某ショールームにも寄りました
このメーカーでは、郡山が東北最大規模で、仙台より大きいのだそう
気になっている車があるらしく
試乗させてもらったり、いろいろ説明を聞いていました

DSC00103 - コピー

ルルはおとなしく待っていたので
お店の人から“めんこちゃんだね”って褒めてもらったよ

DSC00095 - コピー

ルルを連れて郡山まで short visit してきた一日でした


| 福島紀行 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT